ターミネーターで若きサラ・コナー演じたエミリア・クラークの最高に可愛いくて最高に切ない恋愛映画『世界一キライなあなたに』

8月 11, 2019

『世界一キライなあなたに』

監督:テア・シャロック

脚本:ジョジョ・モイズ

キャスト:エミリア・クラーク

サム・クラフリン

ジャネット・マクティア

チャールズ・ダンス

ヴァネッサ・カービー

サマンサ・スパイロ

ブレンダン・コイル

ジェナ・コールマン

舞台はイギリスの田舎町。

ルイーザ・クラーク(エミリア・クラーク)はお洒落をする事が大好きな女性。

スクリーンで毎度変わるルイーザのファッションに注目ですね^_^

そのルイーザが今まで働いていたカフェが急に閉店する事に。そんなルイーザが新しく見つけてきた職はバイクの事故で車椅子生活を余儀なくされ、生きる希望を失ってしまった元青年実情家のウィル・トレイナー(サム・クラクリン)の介護兼話し相手をすると言うもの。

仕事の期間は6ヶ月。

最初はルイーザに冷たく当たるウィルでしたがルイーザがあまりにも明るい性格でウィルの心を動かしていきます。

とりあえずこのエミリア・クラーク演じるルイーザがとても最高すぎました。

毎度変わる服装。場面場面で使われる曲。全てが本当に明るくルイーザのウィルの為のジョークも最高で映画中何度も笑ってしまいました笑

ルイーザのファッションとは別にウィルの感情でもそれに合わせた天候にして工夫をしているこの映画。

ウィルの人生で落ち着いている暇なんてない。という何かを悟ったようなセリフとは逆に未来を感じさせてくれるようなルイーザの対照的な2人をとても美しく描かれています。

この映画の最後ではすごくもどかしさが残る映画でしたが終盤では涙腺崩壊しにくる映画です。。。涙

是非観てください。