心がぽかぽか温まる映画『天使のくれた時間』

監督:ブレットラトナー

脚本:デヴィッド・ダイアモンド

デヴィッド・ウェイスマン

キャスト:ニコラス・ケイジ

ティア・レオーニ

ドン・チードル

ジェレミー・ピヴェン

ソウル・ルビネック

ジョセフ・ソマー

ジェイク・ミルコヴィッチ

ライアン・ミルコヴィッチ

リサ・ソーンヒル

ハーヴ・プレスネル

メアリー・ベス・ハート

アンバー・ヴァレッタ

フランシーヌ・ヨーク

マッケンジー・ヴェガ

ルース・ウィリアムソン

ジョエル・マッキノン・ミラー

ケイト・ウォルシュ

『天使のくれた時間』

自分がニコラスケイジの映画で1番好きな映画ですね。なんせこの映画のニコラスケイジとティアレオーニの夫婦がとてもつも良い。

ニコラスケイジはニューヨークのウォール街で成功をし豪華な暮らしをしているジャック役。ジャックは13年前恋人だったティアレオーニ演じるケイト役を振り1人でロンドンに研修で飛び立った。そのおかげで今大手金融機関の社長として優雅な独身生活を暮らしていた。

と、ある日眠りについたジャック。ふと目が覚めるとそこには13年前に分かれたはずのケイトと2人の子供が横に。そしてそこでジャックはタイヤセールスマンに。

最初はなれず早く元の世界に戻ろうともがくジャックでしたが徐々にそれも忘れ本当の愛に気づいてしまう。。。

ですが、そのまま終わらないのが映画ですね。

1つの選択でこんなにも人生が変わるだなんて。どちらかが正解でも不正解でもないと思う。1番大切な物はお金でも名誉でもないってことを言っている映画ですね。

すごく勉強になるし笑いもあり、涙ありですごく心に残る映画でした。

家にいる時間が増えると思うので是非観てください。

めちゃくちゃオススメです。